NEWS 建築着工統計R4.10

 令和4年11月30日公表の建築着工統計によると、佐賀県は、対前年同月比が、全体で+16.9%、持家△26.0%、貸家+108.3%、給与住宅+600.0%、分譲住宅+7.5%と新設住宅戸数は前年同月と比較し、持家以外は、増加となった。  

 原材料、人件費等の高騰影響や金利上昇懸念を反映してか、九州・沖縄各県の持家の建築戸数がマイナスとなっている。 次回11月の建築着工統計調査結果はどの様な数値が発表されるのか。    

 全国は、貸家及び分譲住宅は増加したが、持家が減少したため、全体で前年同月比1.8%の減少となった。また、季節調整済年率換算値では前月比1.5%の増加となった。  

 詳細は、貼付の資料をご参照下さい。

041201建築着工統計調査佐賀10月.pdf

041201建築着工統計調査全国10月.pdf

© 2016 株式会社 鑑定ソリュート佐賀. All Rights Reserved.

Please publish modules in offcanvas position.