0205 第10回「佐賀市中心市街地の空室率、駐車場等調査結果」

佐賀市中心市街地の第10回目の調査結果がまとまりました。

今回の大きな動きとしましては、

Aブロックで、西友佐賀店跡地にCOM BOX佐賀駅前が令和2年6月にオープンし、西友佐賀店閉店後の駅周辺の日用品店舗不足が解消され、駅と中心市街地の回遊性が期待されます。

Cブロックでは、TOJIN茶屋が令和2年3月閉館し、同県道沿い北方の中溝豆腐店跡地にまちなかオフィスTOJIN館が令和2年2月にオープンしました。

Dブロックで、三井住友銀行が朝日生命佐賀駅前ビルへ移転しました。

Eブロックでは、旧松尾建設ビルが解体中で、旧福岡銀行が更地となり、中央佐野ビルが解体後コインパーキングになるなど、現在空地となっている土地の有効活用と合わせ、玉屋周辺の商況、人の流れがどうなるのか、どのように影響してくるのか、今後の動向が注目されます。一方、佐賀商工会館跡地のNHK佐賀放送局の建設も進捗し、令和3年6月完成予定です。

Fブロックで、旧西友佐賀店駐車場南東角にJA佐賀市中央本店ビルが令和2年4月にオープンしました。

空室率につきましては、店舗・事務所ゾーンでは、全体的には改善傾向にあるものの、ブロックD・Eの空室率は依然高く、夜間飲食ゾーンでは、Gブロックで上昇し、その他のブロックは横這い傾向にあるものの、コロナウイルス感染症の影響による行動の変容により、休業の貼り紙や予約制となっている飲食店舗も見られました。

今回諸事情により、半年遅れのご報告となりましたが、今後も皆様にお役に立つ情報を発信できれば幸いです。

   021104_第10回佐賀市中心市街地の空室率駐車場等調査結果.pdf

© 2016 株式会社 鑑定ソリュート佐賀. All Rights Reserved.

Please publish modules in offcanvas position.