REP 地価ルックレポートR3-1Q

 令和3年6月4日、国土交通省から、令和3年第1・四半期「地価ルックレポート」が発表されました。
 「地価ルックレポート」とは、主要都市の地価動向を先行的に表しやすい高度利用地等の地区について、四半期毎に地価動向を把握することにより先行的な地価動向を明らかにするものです。

 主要都市の高度利用地等(全国100地区)における令和3年1月1日~令和3年4月1日の地価動向は、前期と比較すると、下落地区数及び横ばい地区数が減少し、上昇地区数が増加した。
 ・下落地区数が38地区から27地区に、横ばい地区数が47地区から45地区に減少し、上昇地区数が15地区から28地区に増加した。
 ・変動率区分は72地区で不変、 26地区で上方に移行、2地区で下方に移行。
 ・住宅地では、下落地区数が0地区となり、上昇地区数が増加した。三大都市圏では、大阪圏及び名古屋圏を中心に下落地区数が減少し、上昇地区数が増加した。

 国土交通省地価ルックレポート

  

  

© 2016 株式会社 鑑定ソリュート佐賀. All Rights Reserved.

Please publish modules in offcanvas position.